忙しくて・・・

 2017.02.22 Wednesday 

ブログを書いている時間がない。

 

ということで、今夜はこれを貼ってお仕舞にしましょう。

 

 

いよいよ、あさって24日から「勝浦ビッグひな祭り」が始まります。

このお祭りも10数年ですっかり定着しましたね。

お雛様の数も毎年増えて、すごいことになっております。

 

皆様、ぜひお出かけください。

 

いすみ鉄道のお店も出店しております。

 

詳細につきましては 千葉県の観光物産サイト をご参照ください。

大風の2日間

 2017.02.21 Tuesday 

昨日、今日と、関東地方は強風に見舞われました。

 

毎年春を迎えるこの頃になると、まるで禊(みそ)ぎのように関東地方では大風が吹き荒れます。

成田空港や羽田空港は大変なことになりましたが、飛行機だけじゃなくて鉄道もあちらこちらで運転できなくなったりダイヤが乱れたり、お客さんも職員さんも大変な思いをされたのではないでしょうか。

 

私は昨日、埼玉県へ出かけていて、帰りの電車が途中で運転を取りやめました。

上野東京ラインに乗っていたので、東京駅乗り換えで、総武快速線で船橋へ出ようと思っていたのですが、乗っていた電車が上野止まりになりました。

そして、その電車が発着番線変更で13番線に着きました。

 

 

期せずして13番線に到着したのは、私にとってはちょっとだけうれしい気分。

乗っていた電車から途中で降ろされて、たいていの皆さんは不機嫌だったと思うのですが、私はウキウキして1枚シャッターを切りました。

 

外は雨がかなり激しく降ってきましたので、私は銀座線へ向かう地下道に降りて行きました。

階段の途中に喫茶店がありましたが、確かここだったでしょうか。

寅さんに出て来た大衆食堂があったのは。

夜行列車で旅立つ寅さんに、妹のさくらがお金を届けに来るシーンだったかな。

今はきれいになっていますが、昔は場末の雰囲気が漂う場所でした。

 

雨に濡れずに地下道を通って京成電車の駅に着きました。

イブニングライナーまでしばらく時間がありましたが、私はホームに入りました。

することはなくホームの時刻表を見ていて気付きました。

 

 

4両編成の電車は1日に1本しか上野駅に来なくなっていたのです。

赤い▲は6両編成。♦が4両編成。

11時18分発の高砂行だけが♦マークでした。

ついこの間までの京成電車のイメージでは、4両編成の各駅停車がたくさん走っていた記憶があるのですが、今では1日1列車だけになっているんですね。駅のホームの時刻表でも、こうして見ていると、10分ぐらいすぐに時間がつぶれます。

ひとつの特技かもしれません。(笑)

 

そうしているうちに1番ホームにこんな電車が入ってきました。

 

 

「おお、めずらしい。」

私は思わずホームの先端まで行って写真を撮りました。

何が珍しいと思ったのでしょうか。

 

この電車は3400形といって、昔のスカイライナーAE1型が廃車になった際に、走行装置を再利用して、新造した車体を乗せた電車で、つまり、足回りは昭和の元祖スカイライナーなんですが、私が珍しいと思ったのはその点ではありません。

シャッターを切った理由は「8両編成の各駅停車」だからです。

 

京成電車の駅は6両編成までに対応する駅がいくつかあって、各駅停車の電車に8両編成は使用できないんです。

でも、高砂までの駅は全駅8両対応になっていますから、上野発高砂行の電車だけは8両編成の各駅停車として運転できるということで、1日に数本、たぶん車庫への出入りを兼ねて、こういう電車が走っているのです。

 

 

ほらね。

スカイライナーとほぼ同じ長さの各駅停車です。

スカイライナーは1両20m。その他の京成電車は1両18mですから同じ8両編成でも1両分ぐらい長さが違うのがよくわかります。

 

こんなことをしていたら、30〜40分、あっという間に時間が経過していくものです。

 

鉄道が好きということは、大風が吹いて、運転が乱れて、予定コースの変更を余儀なくされたとしても、別にイライラすることもなく、結構楽しめるものです。

 

電車って、おもしろいですよ。

 

自分の精神状態のバロメーターかもしれません。(笑)

レストラン列車 追加設定しています。

 2017.02.20 Monday 

イタリアンの池田シェフが板橋区のハッピーロード大山で、都会の皆様にレストラン列車のお味をご紹介するために、26日は「レストラン・キハ」は無しの予定でおりましたが、その他の設定日がかなり埋まってきているために、26日に急きょ「レストラン・キハ」を寿司列車で運転いたします。

 

今回の「寿司列車」ですが、大原漁港、港の朝市で開催中のタコ祭りにちなんで、伊勢海老のお寿司やお刺身の他に、地だこを使ったタコのクラムチャウダーと、タコ足の1本旨煮をアツアツの状態で提供いたします。

 

列車の中で火を使えないし、いすみ鉄道はディーゼルカーで、電車ではありませんから電気もありません。

そんな状態でどうやってアツアツを出すのか。

 

答えは、キッチンカーを併走させて、停車中にアツアツのものを車内に積み込んで、お召し上がりいただくというスタイルです。

 

初めてのトライアルとなりますが、何も列車の中ですべて完結する必要などどこにもないわけで、「何でもかんでも車両の中で」というような鉄道屋が陥りやすい部分を、茂原の竹りんさんがクリアしてくれました。

 

2月26日、1日限りの運転ですので、お時間がございます方は、ぜひ、ご乗車ください。

 

お申し込みは こちら から。

 

23日までの受付です。

 

詳細は いすみ鉄道のWebページ にてご確認ください。

 

特別メニューの写真は載っていませんが、ボリューム満点のコースとなります。

 

ぜひ、ご乗車ください。

 

今回はトライアルということで1回限りですが、来年以降は「鍋列車」など、アツアツのものも企画していくという前段でございます。

婚活列車テレビ放映。

 2017.02.19 Sunday 

先日から告知させていただいておりました「婚活列車」のテレビ番組ですが、本日無事に放映されました。

 

放映後ですから申し上げられるのですが、実はこの番組は全くヤラセではないんです。

 

いすみ鉄道をよく知っているテレビディレクターに、「うちの運転士たちのお嫁さんを探す婚活列車をやりたいと考えているんですよ。」と、私が漠然とプランしていたことを話したのが始まりです。

番組では編集で武石運転士だけが中心で出ていましたが、他の人たちも皆さん完全密着取材でした。

交通機関に勤務している方が対象。ということで企画しましたので、いすみ鉄道の運転士だけではなく、私鉄電車の運転士さんや、駅員さん、路線バスの運転士さんなど、各方面からご参加いただきました。

ちなみに、うちの独身運転士で可能性がある人には公平に全員声かけましたよ。

もちろんいま彼女がいる人や、女性に興味ない人、勇気のない人、責任取りたくない人、休日手当をくれなければヤダという人など、いろいろいますからね。

勇気を持って参加してくれたのは3名だけだった、というのが実情です。

 

女性陣は、以前からお付き合いいただいている「シングルマザー支援協会」にご相談させていただき、頑張っているシングルマザーの方にご応募いただきました。

 

いすみ鉄道では婚活は初めての経験でしたが、シングルマザー支援協会の職員の方はそのノウハウがありましたので、いろいろご相談をして、プランを練っていただきました。

そして当日、初対面で、本当に婚活列車がスタートしたのです。

 

当日は全くのぶっつけ本番で、台本などもありませんし、本人たちは一生懸命。

 

それが番組の裏側です。

 

惜しむらくは、佐渡さんも、渡辺さんも、他の3名の男性も、もう少しクローズアップしていただきたかったなあと思いますが、編集という作業が入ると、あのようになってしまうのは、ガイアでもカンブリアでも同じです。

 

ということで、なんだかサプライズの結果になりましたが、実はサプライズなのは後日談なのであります。

 

まあ、またご報告できる状況になりましたらお知らせさせていただきたいと思いますが、はてさて、どうなることか。

こればかりは私のことではありませんから、あとは野となれ山となれ。

 

ご本人たちにがんばっていただきましょう。

 

おせっかいおじいさんと言われないように。

 

ひとつだけ言えるとすれば、婚活は全国どこでも盛んにやっていることですが、鉄道会社がやればすぐにTVが来て、全国区になるということですよ。

お金に換算したらいくらになるか。それがローカル線の地域貢献なのです。

 

本日ご覧いただきました皆様、ありがとうございました。

 

本日の大多喜

 2017.02.18 Saturday 

昨日とは打って変わって肌寒い一日でしたね。

 

それでもいすみ鉄道沿線にはそろそろお客様が増え始めています。

もうすでに観光バスの団体のお客様もいらしていただいています。

今年は少し出だしが早いかもしれません。

 

 

大多喜駅で乗務交代をするお昼の上り列車。

後ろには団体のお客様が、もうこんなにご乗車されています。

 

さて、そんな大多喜に本日は黒木瞳さんがいらっしゃいました。

 

そう、あの大女優の黒木瞳さんです。

 

ご存知のように黒木さんとは去年の秋にラジオ番組で一週間の対談(収録は1日ですよ)をさせていただいたのですが、その彼女が大多喜を訪ねてくださったのです。

もちろんプライベートで。

 

その時私はちょうどインタビューを受けている最中で会議室にこもりっきりだったのですが、駅前の食堂、「番所」にお立ち寄りいただいたようで、後で番所を訪ねると、マスターがこの笑顔でした。

 

 

 

▲この椅子にこうして座ってね、コーヒーを飲まれたんですよ。

サインももらっちゃった!

と自慢するマスター。

本社に聞きに行くのも面倒くさいから「社長はいない!」って言ったら、

「社長さんにどうぞよろしくお伝えください。」

って言ってました。だと。

 

とまあ、この笑顔です。

いったい誰のおかげで黒木瞳がここに来ると思ってんだ!

何百万も積んでお仕事をお願いしないと来ない人なんだぞ。

まして、プライベートで来るはずないだろう!

 

と言おうと思ったのですが、この笑顔を見たら、なんだかこっちまでうれしくなっちゃって。

 

よかったねえ、マスター。

 

実は、ラジオの収録で対談したときに、彼女は「ぜひ一度行ってみたいです。」と言われたんです。

でも、普通は社交辞令でそう言われる人がほとんどですけど、彼女は実際に来てくれて、それもいすみ鉄道に乗って大多喜駅に下車していただいたんです。

私としてはそれがとてもうれしいんです。

彼女は大女優さんですから。

でも、きっとそういうお人柄なんでしょうね。

そして行動力もある。

そういうところが人を引き付ける魅力なんだと思います。

 

ラジオ対談の時にも話題になったんですが、彼女は九州のローカル線で高校に通っていて、そのローカル線が国鉄改革で廃止されてしまって、とてもさみしい思いをされていらっしゃる。

同じ経緯のローカル線が、廃止を免れて今でも走っているということにとても興味を持たれていたんです。

だから、実際に来てくれた。それも列車で。

 

いすみ鉄道で来るということは、きちんと時間を調べてくるということですから、目的を持っていらしていただいたということで、近くにお仕事があったのかもしれませんが、それでも彼女のような大女優さんが実際にいらしていただいたということは、田舎の人間としては大変感動しているのでございます。

 

黒木さん、本日はありがとうございました。

そして、ご挨拶できずに申し訳ございませんでした。

 

また、番所のマスターがご無礼にもサインをおねだりしてしまい、大変失礼いたしました。

にもかかわらず、きちんと対応していただいて、本当にありがとうございました。

 

今後の益々のご活躍をお祈りいたしております。

 

というのが、本日の大多喜でございました。

 

(これで体調も何とか元気になって来たぞ。)

 

明日は午後3時半からTBSで婚活列車です。

皆様ぜひご覧ください。

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
Links
New Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others