<< 本日の走行距離 | main | 今日の城見が丘駅 >>

国吉駅の駅弁売り

 2017.04.23 Sunday 

 

いすみ鉄道の国吉駅は田んぼの中にある無人駅です。

かつては千葉県夷隅郡夷隅町という市町村の玄関口の駅で、駅前商店街も賑わっていましたが、夷隅町はいすみ市に統合されてしまいましたし、ご多分に漏れず商店街が賑わっていたのは昭和の話。今では駅の裏には半分やめてしまった田んぼが広がるだけの田舎の無人駅です。

 

ところがこの駅が今、観光客で賑わっていて、シーズン中の土日ともなればホームはごった返すほど混雑しています。

 

 

駅を訪れる観光客のお目当ては、駅弁売りのおじさんです。

 

 

列車が到着すると、「べんと〜、べんと〜」と威勢の良い声がホームに鳴り響きます。

 

このおじさん、カケスヤスユキさんと言いまして、今年55歳。

「い鉄君」というこの黄色いかぶり物をかぶって、上りホームと下りホームを行ったり来たり。

1個800円のタコ飯弁当を売り歩いています。

 

 

 

昔ながらの駅弁売りのスタイルで、「べんと〜、べんと〜」と声を上げて販売する姿は、昭和の鉄道では当たり前の風景でしたが、今では全国的にも珍しく、千葉県ではここ国吉駅だけではないでしょうか。

お弁当を入れたカゴを首から下げて、これはかなりの重労働だと思います。

 

お弁当の重さは大したことないかもしれませんが、私から見たら、精神的にかなりの重労働ではないかと思えるわけで、その理由は、何で55歳にもなったオジサンが、こんな黄色いかぶりものをして、駅で観光客目当てにお弁当を売らなければならないのかと考えた場合、別に生活が苦しいわけでもなく、駅弁売りが本業でもなく、ただただ、お客様に喜んでいただこうというその一心でお弁当を売っているのであって、それも、保存料など一切使わない手作りのお弁当を、朝4時には起きて、5時前からせっせと作って販売しているのですから、私は重労働だと思うのです。

 

 

停車時間のある列車では、車内に乗り込んでいって、お弁当を販売しています。

お客様も皆さん笑顔でお出迎えです。

 

では、なぜこのおじさんは、55歳にもなって、こんな格好で、人様から笑われながら、一生懸命駅弁を売っているかといえば、それは、いすみ鉄道にいらしていただくお客様に少しでも喜んでもらいたいから。そして、その売上で、駅の草刈りや菜の花の種をまく資金を稼いで、国吉駅をきれいにしてお客様に喜んでいただきたいという気持ちからなんです。

 

駅弁というのは、売れ残りのロスが出るリスクがあります。

そういう商品というのは、どうしてもそのリスクを原価に転嫁する傾向があります。

でも、このおじさんは、天気予報と首っ引きで、明日はいくつ作ろうかと計算して、売れ残りが出ないように作っていますから、この駅弁にはロスが出るリスクがありません。

だから、その分良い材料を使って、少しでもお客様においしいものを作ろうと頑張っています。

でも、大変だと思いますよ。

まず、手作りの少量生産品ですから、どうしてもスケールメリットが出ません。

だから、人件費もろくに稼げませんから、朝5時から自分で手作り。

それに、地元の材料にこだわっていますから、これも手に入ったり入らなかったり。

タコ飯のタコは、いすみ市大原漁港産のタコを使っていますが、このタコの水揚げが不安定で、今年はあまり取れませんでした。

ということは、その分仕入れ価格が高騰するのですが、それでも地元の食材にこだわって、同じ値段で作っています。

おかずに入っているさんが焼きというこの地方独特の魚のハンバーグは、もちろんおじさんの手作り。

「いい魚が上がったんだ。」と言って、目を輝かせながら下ごしらえをしています。

私が、「大変だねえ。全部地元産とは。」と言うと、おじさんは、

「そんなの当り前なんですよ。いすみにいらしていただくのだから、それがおもてなしでしょう。」などと言って、毎週土日に朝から駅弁を自分で作って、自分で売っているのです。

 

かれこれ5年も、土休日は駅で売ってます。

 

みんな休みたいし、遊びたいと思いますよ。

おじさんにだって家庭があるだろうに。

 

でも、その休みたいとか、遊びたいとかいう気持ちをぐっと我慢して、早起きして駅弁を作って売っているんです。

 

5年前に売り出したころは、この駅弁はほとんど売れませんでした。

だいたい田舎の無人駅で駅弁売っても売れるはずがないじゃありませんか。

それでもおじさんはコツコツと毎週駅弁を作っては売って、余ったら自分で食べて。

だって、自分て作ったものは捨てられませんからね。

 

私は何とかこの駅弁を売れるようにしようと、ダイヤ改正をして、土休日の昼間の時間帯にはこの国吉駅で列車を数分間停車するダイヤにしました。そのうちにだんだんと人気が出てきて、今では販売日はほぼ完売するようになりました。

 

 

すごいと思いませんか?

田んぼの中の無人駅で、1個800円の駅弁が1日に40個も50個も完売するんですから。

 

では、どうしてそこまでの駅弁になったか。

 

その理由は3つあります。

 

まず、毎週継続してやっていること。

来ても売ってるかどうかわからないようでは定着しません。

全国的な傾向として田舎のボランティアにありがちなのは、自分たちの都合で商品を作って、自分たちの都合で販売しているところが多いことですが、やはり商売の原則はお客様あってのことですから、継続していくということが大切なんです。

一発イベントでその時だけ賑わう商売が多い中で、今、よく言われている「持続可能なシステムづくり」を、地方創生が叫ばれる前から始めているのですから、大したもんだと思います。

2つ目の理由は、このおじさんの人柄です。

55歳にもなって、こんなかぶりものをして、みんなに喜んでもらおうという姿勢が、お客様に受け入れられているからです。

だから、お客さんが集まってくるんです。

すごく不思議なんですが、いすみ鉄道に乗りに来て、このおじさんからお弁当を買って、おじさんのパフォーマンスを見て、おじさんのファンになって、何度もいすみ鉄道にやってくるようになって、気が付いたらおじさんと一緒に駅弁を売るようになってしまった他のおじさんたちも1人2人ではありません。

そういう人を引き付ける魅力がおじさんにはあるんでしょうね。

そしてこの駅弁が売れる最大の理由は、やっぱりおいしいから。

幾ら毎週パフォーマンスをやったとしても、食べ物は美味しくなければ売れません。

地元の食材にこだわって、自分なりのポリシーで作ったとしても、大切なのは味なんですから。

実はこのおじさんの本業は調理師。

和食の板さんであり、旅館のご主人なんです。

つまり、プロ。

だから、おいしいんです。

そして、そのおいしさが口コミで広がって、田んぼの中の無人駅で駅弁が1日40個も50個も売れるようになったんですね。

 

国吉駅の駅弁は、毎週土日および祝日の発売。

平日は売ってません。

早い時はお昼前には売り切れになってしまいます。

ふつうの時でも、だいたい、12時半ぐらいには完売していますので、ご希望のお客様はお早めにいらしてください。

 

来週の日曜日、30日には国吉駅で「春のいすみ鉄道まつり」が開催されますので、たぶんお弁当もたくさん売れるでしょう。

だから、いつもよりも多めに作ると思いますので、ぜひ召し上がってください。

ゴールデンウィーク中も、一生懸命かぶりものをして国吉駅で声を張り上げてお弁当を販売するおじさんの姿が見られるでしょう。

 

このお弁当は、毎年夏季期間中の6月から9月までは販売を中止します。

その間はポップコーンとかき氷を販売する予定です。

お弁当をご希望のお客様は、今度のゴールデンウィークにいらしてくださいね。

 

どうしてもと言う方は、ご予約の上、ご来訪ください。

 

ご予約先

松屋旅館

0470−86−2011

 

個人経営の旅館ですから、電話に出られない時間帯もありますのでご了承ください。

 

ご予約のお客様も午後1時までにはお引き取りにいらしてくださいね。

 

一度食べてみる価値がある国吉駅の駅弁です。

 

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Links
New Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others